Languages

人物。ミヒャエル・コーデラ氏 (Michael Caudera) 。

ミヒャエル・コーデラ氏 (Michael Caudera) は、長年における最高経営責任者として、およびメディア、エンターテイメントや著名人の分野における有名企業のコンサルタントとして活動しているおかげでブランドマーケティング、ライセンシング&マーチャンダイジングの領域にて豊富なノウハウを持っています。

お問い合わせ

略歴。ミヒャエル・コーデラ氏 (Michael Caudera)

 

ミヒャエル・コーデラ氏 (Michael Caudera) は、長年における最高経営責任者として、およびメディア、エンターテイメントや著名人の分野における有名企業のコンサルタントとして活動しているおかげでブランドマーケティング、ライセンシング&マーチャンダイジングの領域にて豊富なノウハウを持っています。ミヒャエル・コーデラ氏 (Michael Caudera) は2006年に設立されたTM1トレードマーク・ワン株式会社 (TM1 trademark one AG) の業務執行役員であり、スポーツ、著名人またはライフスタイルの分野の企業やブランドへのコンサルティングを専門とします。

 

TM1トレードマーク・ワン株式会社 (TM1 trademark one AG) の活動と並行して、ミヒャエル・コーデラ氏 (Michael Caudera) は2011年に有名なパートナーと共に、食品および飲料市場を専門とするライセンス代理店であるフード・ライセンス・パートナー有限会社 (FOOD LICENCE PARTNER GmbH) を設立しました。

 

TM1トレードマーク・ワン株式会社 (TM1 trademark one AG) 設立前に、ミヒャエル・コーデラ氏 (Michael Caudera) は2002年から2006年の年度末までFIFA WM Deutschland 2006™のプロジェクト責任者として従事し、EM.TV 株式会社 (現社名: コンスタンティン・メディエン株式会社 [Constantin Medien AG])のプロジェクトチームを指導しました。2002年にプロジェクトを開始する前に、彼はすでEM.TVを介してFIFA WM 2006 の欧州の独占的な商品化権の取得に尽力していました。 

 

以前、ミヒャエル・コーデラ氏 (Michael Caudera) は独立したコンサルタントとしてボリス・ベッカー氏 (Boris Becker) およびアンドリー・シェフチェンコ氏 (Andrij Schewtschenko)といったスポーツ選手、および俳優のラルフ・メラー氏 (Ralf Möller) のための独占販売義務を引き受け、DSF-スポーツマーケティング有限会社 (DSF-Sportmarketing GmbH) の最高経営責任者として2年間従事しました。

 

1989年から1998年まで彼はEM-エンターテイメント・マーチャンダイジング、映画およびテレビ有限会社 (EM-Entertainment Merchandising, Film und Fernsehen GmbH) の最高経営責任者でした。彼の責務は、総合的なスポーツやエンターテイメント権利のマーケティングを含み、中でもターナー・エンターテイメント (Turner Entertainment)、任天堂、講談社、セサミストリート (Sesamstrasse)、東映および世界レスリング連盟 (WWF)、今日では世界レスリングエンターテイメント (WWE) を担当しています。

 

ミヒャエル・コーデラ氏 (Michael Caudera) は、1988年にMMマーチャンダイジング・ミュンヘン有限会社 (MM Merchandising München GmbH) に属する旧キルヒグループ (KirchGruppe) でプロとしてのキャリアを開始し、そこでリングリング・ブラザーズ・バーナム・アンド・ベイリー (Ringling Bros Barnum & Bailey) と共同でエンターテインメント上演「ディズニー・オン・アイス」(Walt Disney’s World On Ice) を主導しました。

 

 


 

会社概要 - トレードマーク・ワン株式会社 (trademark one AG)

 

TM1トレードマーク・ワン株式会社 (TM1 trademark one AG) は、ミヒャエル・コーデラ氏 (Michael Caudera)により2006年に設立され、彼はそれ以降、業務執行役員として活動しています。この国際的な企業はスポーツ、著名人およびライフスタイルの分野で企業またはブランドへのコンサルティングを専門としています。

 

 

信条。

新しい市場と収益の可能性を開発、ブランドを継続的に強化

TM1トレードマーク・ワン (TM1 trademark one) はライセンスおよびメディア提携を利用して新しい市場と収益の可能性を開くため、伝統的な事業を超えた企業およびブランドに関するマーケティングの概念を開発、実装しています。 主な焦点として、ブランドのアイデンティティを保護するだけでなく、さらなる活動により継続的に強化する (常に本業と一貫性をもたせる)、いわゆる「ブランド/ライン拡張」のプロセスがあります。 

 

 

 

顧客。

スポーツ、著名人およびライフスタイルの分野から知名度の高いブランド

スポーツの分野における企業のマーケティングへの参照は、例えば米国のスポーツ・エンターテイメント・ブランドのUFC (アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ) および世界最大のオンライン・ポーカールームのポーカースターズ (PokerStars) を含みます。 著名人の分野において、TM1トレードマーク・ワン (TM1 trademark one) は中でもドイツで最も有名なテレビの弁護士である (「レンセンとパートナー」[Lenßen & Partner]で知られている) インゴ・レンセン氏 (Ingo Lenßen) 、俳優 (「ユニバーサル・ソルジャー」 [Universal Soldiers]、「グラディエーター」[Gladiator]等)のラルフ・メラー氏 (Ralf Möller)、元諜報機関の諜報員で現在はコミュニケーションコーチであるレオ・マルティン氏 (Leo Martin) およびドイツのポーカー世界チャンピオンであるピウス・ハインツ氏 (Pius Heinz) を売り込んでいます。 ライフスタイルの分野では例えば、ドイツのシューズメーカーであるビルケンシュトック (BIRKENSTOCK) などの企業に対するマーケティングの義務を含みます。 

 

 

 

フード・ライセンス・パートナー (FOOD LICENCE PARTNER)

食品·飲料市場のライセンス代理店

TM1トレードマーク・ワン (TM1 trademark one) がスポーツ、著名人またはライフスタイルの分野における企業やブランドへコンサルティング活動を集中している間、ミヒャエル・コーデラ氏 (Michael Caudera) は2011年に有名なパートナーと共に、食品および飲料市場のライセンス代理店であるフード・ライセンス・パートナー有限会社 (FOOD LICENCE PARTNER GmbH) を設立しました。企業の顧客層には中でも木炭、ガス、電気グリル製品およびグリル付属品で世界をリードする企業のステファン・ウェーバー・プロダクト社 (Weber-Stephen Products LLC) が含まれています。

フード・ライセンス・パートナー (FOOD LICENCE PARTNER) の詳細については企業のウェブサイト www.foodlicencepartner.de を参照してくださいフード・ライセンス・パートナー (Food Licence Partner)